身長を伸ばす方法 モデルの伸長法

成長期が過ぎても身長を伸ばす方法

今からでも大人でも身長が伸びる、本当に簡単な背を高くする10の方法。
背が低い悩みを解決します。

 

⇒ 身長を伸ばす方法 モデル伸長法

身長を伸ばしたい高校生

身長は20%が遺伝で決まると言われています。
逆に言えば80%は普段の努力で身長を伸ばすことが出来る可能性があります。

 

身長を伸ばす方法を知って、背を伸ばすための生活を心がければ
これから大幅に伸びる可能性が高くなります。

 

高校生の平均身長

 

高校生の平均身長

 

 

両親の身長から算出することもできます。

  男子の身長=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
  女子の身長=(父親の身長+母親の身長−13)÷2+2

 

ただしこれは遺伝によるものだけを考えています。
努力次第でもっと伸ばすことが出来ます。

 

身長を伸ばすには「睡眠・運動・食事・ストレスをためない」が大切です。
これは中学生でも同じです。

 

身長を伸ばす「成長ホルモン」

身長を伸ばすにはホルモンの分泌が必要です。
主に身長を伸ばすホルモンは成長ホルモンと呼ばれるものです。

 

この成長ホルモンは熟睡している時に大量に分泌されます。
ですから、睡眠の取り方がとても大切なんです。

 

また、運動中や運動後にも分泌されます。
適切な運動は身長を伸ばすのに必要不可欠です。

 

そして、成長ホルモンの分泌を促すための食事も大切になってきます。

 

カルシウムを多く含む食品 カルシウムの吸収を助ける食品

 

身長を伸ばすために有効な成分は、
たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などがあります。

 

睡眠

睡眠が大切なのは、睡眠中に身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンが分泌されるからです。
深い睡眠についているとき成長ホルモンが分泌されます。

 

ただし長く寝れば良いというわけではありません。

 

成長ホルモンが分泌されるのは、
寝付いてから最も深い眠りに達するまでの2時間〜3時間だけと言われます。

 

この時間帯にしっかりと深く熟睡出来るような質の良い睡眠を取ることが大切です。

 

寝る2時間前は食事を取らないようにしましょう
寝る2時間前に食事を取ってしまうと、消化にエネルギーを使うため熟睡できなくなってしましいます。

 

睡眠時は部屋の電気を消すようにしましょう
電気をつけたまま寝ると熟睡できず、ストレスの元となってしまいますし、熟睡できず成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

 

寝る前のパソコン作業やテレビも控えましょう
パソコンやテレビを見たあとは脳が興奮状態にあり眠りづらくなるためです。

寝る1時間前はパソコン、テレビは切りましょう。

あなたの身長の悩みを解決する!

「身長を伸ばせる? ・・・そんな簡単な問題じゃないよ」

 

という、あなたの声が聞こえてきそうですが、
成長期が過ぎていても身長が伸びるその方法を紹介します。

 

⇒ 身長を伸ばす方法 モデル伸長法

 

身長を伸ばす