身長を伸ばす方法 モデルの伸長法

成長期が過ぎても身長を伸ばす方法

今からでも大人でも身長が伸びる、本当に簡単な背を高くする10の方法。
背が低い悩みを解決します。

 

⇒ 身長を伸ばす方法 モデル伸長法

伸長に関係するホルモン

身長増進のカギを握るホルモンに成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモンがあります。

 

ホルモンとは、血液を通して体内を循環し、別の決まった器官に働きかけ、
体内の特定の器官の働きを調節するための、情報伝達物質で、
動物の体内において、特定の器官で合成・分泌されます。

 

成長ホルモン、甲状腺ホルモンは身長を伸ばす効果があります。
性ホルモンは骨の成熟を早め、逆に身長の伸びを阻害する要因となってしまいます。

 

ホルモン分泌は骨端線の増殖スピードを加速させるため、
成長期の身長アップの最重要となるものです。

 

いくら栄養をとっても、ホルモン分泌が悪いと身長を伸ばすことはできません。

 

こういったホルモンの特徴をつかみ、
うまく分泌をコントロールすることが身長を伸ばすカギとなります。

 

 

成長ホルモン

 

脳の底部の脳下垂体から分泌されるホルモンです。

 

【働き】 1.大腿や腕の骨に働いて、骨を長くします。
      2.2.タンパク質を作り出し筋肉を育てます。
      3..脂肪を分解してエネルギーを生み出します。

 

13〜17歳が体内の成長ホルモン量のピークで、
20〜25歳にかけて成長ホルモン量は急激に少なくなります。

 

 

甲状腺ホルモン

 

のど仏にある甲状腺から分泌されるホルモンです。

 

骨を含む全身の新陳代謝を活発にし、体中のタンパク質をつくらせて成長を促します。

 

成長ホルモンを大量に分泌させる生活習慣ですごすことにより、
効果的に身長を伸ばすことができます。

 

 

性ホルモン

 

男性は精巣、女性は卵巣から分泌されるホルモンです。

 

性ホルモンには、男性ホルモンであるテストステロンと、
女性ホルモンであるエストロゲンがあります。

 

エストロゲンには骨の成熟を促す役割があります。
骨も早く成熟してしまい早めに身長の伸びが停止してしまいます。

 

 

【成長ホルモン】【甲状腺ホルモン】が多く、【性ホルモン】の分泌が遅い人の方が
長い期間身長が伸びるため、最終身長が高くなることが多いです。

あなたの身長の悩みを解決する!

「身長を伸ばせる? ・・・そんな簡単な問題じゃないよ」

 

という、あなたの声が聞こえてきそうですが、
成長期が過ぎていても身長が伸びるその方法を紹介します。

 

⇒ 身長を伸ばす方法 モデル伸長法

 

身長を伸ばす